こんにちは。写真家の石井和宏です。

vol.2は森の中で見つけた小さな桜を載せていきます。
絶景ではないですが、そこには桜の息吹が感じられました。

河津桜が終わり、どんどん種類の異なる桜が咲き始める春。
見ようと思えば、何かしらの桜は一年中咲いていますが、桜の開花リレーが分かりやすいのは春です。

そして桜の見頃な時期と良い天候が重なるのは、運に近い部分があって、2021年は大分厳しい撮影環境でした。
春は花曇りと言って、曇りの日が多かったりします。
今年は見頃な時期に雨も多かったかなぁという印象です。

雨嫌いな僕は、この時期は天気のことばかり気になって仕方ないです。
でも僕が撮る日は結構晴れだったり、良い天候が多かったりします。
ちょっとは運も味方してくれているのですかね。
いつか雨を好きになることなんてあるのかなぁ…

 

 

僕が訪れたのは、恐らく5〜6分咲きの頃という印象。
場所に寄っては、開花のスピードが早かったり、遅かったりと、一斉に揃わないというのが桜の難しい所だったりもします。
この場所も咲いている所は結構咲いています。

桜がまだ満開ではない時、こういう時は桜の営みが感じられる風景を探すのが面白いです。

蕾が多い中、先立って咲いているお花を探したり、

ちょっと出遅れている蕾を探したりと。

いかにも明日には咲きそうな、ぷっくりとした感じが良いですよね。

小さな蕾が開くと、横のお花ぐらいまで大きく咲くみたいです。

この木は大分見頃な印象でしたが、その中でも蕾を探して撮ります。

横を見るとチューリップの花壇もあり、まだ茎しかない状態。

だけど良く見ると、ヒヤシンスだけが綺麗に咲いているのを見つけました。

同じ球根植物だからここに植えたのかもしれませんね。

そして、もっと森深くへ。

椿が結構落ちていましたが、まだ残っている椿もあります。

森の中で上を見上げると、楽譜の様に奏でている葉っぱがあります。

こういう面白い景色を見つけるのは本当楽しいです。

これはこれで絶景です。

太陽も覗かせてくれて、桜がダイヤモンドの様にキラッと輝きます。

 

今朝咲いたのか、咲きかけの花。

桜の動きが感じられる一枚になりました。

幹からは新しい命。

ここから少しずつ大きくなっていくのだろうなと考えると、ドラマが見えますね。

 

 

2本の太い幹の間に細い枝があり、小さな桜が咲いています。

森の中はこういう不思議な世界が溢れているので、その光景に出会った時は感動します。

全体としては見頃が過ぎた横浜緋桜ですが、良く探すとまだまだ綺麗な形で咲いているのもあります。

淡いピンクの色合いはやはり良いですね。

月もうっすらと見えたので、終わりかけのお花と一緒に撮ってみました。

こんな感じで今回は小さな春にフォーカスを当ててみました。

使用カメラはX-E4

富士フイルム ミラーレスデジタルカメラ X-E4 ボディ シルバー F X-E4-S

関連記事

写真教室 日程表




作品スライドショー

写真家 石井 和宏 LINE@

友だち追加