こんにちは。写真家の石井和宏です。

今回は住宅街にあった桜を撮ってみました。
近くには小川が流れていたり交通量が多かったりと、静と動が混沌とする、いかにも東京にある桜だなって感じがした場所でした。
この付近に住んでいる方にとっては、この桜が毎年の楽しみなのかもしれませんね。

こんな風に小さな小川が流れていて、お散歩するのに最適です。

この日の天候は花曇りで、雲の間から覗かせる青空は貴重でした。

風も強く雲の動きも激しいです。

桜はあと少しで満開かな?

 

池に反射していた電線も五線譜みたいになってます。

カモも休憩中。

 

あまりにも空がグレーだった為、構図から排除。

画面からカットすると、それなりの絵になります。

写真を撮っていると、後ろから何か視線を感じます。

振り返ると、こちらを覗いてる鳥を発見。

この子のお家でしょうか。

僕と目が合うと、木の色に擬態しているつもりか固まります。

そして目を逸らす照れ屋さん。

ちょっと木の後ろの方に周って見てみると、巣作りを再開してます。

小さなクチバシで綺麗な丸い巣を作ってすごいですよね。

僕が巣作りの邪魔しちゃったみたいなので、ここでさよならします。

草むらにも桜は咲いていて、こんな所でも綺麗に咲いています。

風が強かった為、川には早くもソメイヨシノの花びらが流れています。

今年のこの場所は満開手前でちょっと散ったかもしれませんね。

草むらには役目を終えた一枚の花びらが落ちています。

偶然にも蜘蛛の巣の上に落ちています。

ここは獲物の為の巣ではなく、花びらの為に作ったんですかね?

最後に、流れている川を良く観察すると、一枚だけ岩場で休憩している桜もあります。

僕が撮り終えると、川の流れに身を任せて旅立って行きました。

目的地はどこなのか、そんなことを考えると面白いです。

使用カメラはX-E4

富士フイルム ミラーレスデジタルカメラ X-E4 ボディ シルバー F X-E4-S

関連記事

写真教室 日程表




作品スライドショー

写真家 石井 和宏 LINE@

友だち追加