こんにちは。写真家の石井和宏です。

そろそろ風鈴の音が鳴る季節なので、記事にしてみました。

記事の写真は2018年の写真になります。

例年、汗が止まらない程の猛暑ですが、今年の天気はどうなのでしょうか。最近は雨や曇りが多いですね。令和元年の風鈴市、せっかくなら爽やかな天気で迎えたいです。

川崎の風鈴市と言えば、全国からの様々な風鈴が販売されています。

チリンチリンと同じ音色は無いので、のんびりと聞いていられます。

代表的な風鈴は何と言っても”だるま風鈴”。だるまの法被も素敵なので、背景に入れてみました。

さて、ここから色々な風鈴を紹介します。

作品のテーマは”涼しげな夏”をイメージして撮ってきましたので、写真を見て音色を想像しながらご覧ください。

イルカの風鈴。

カラフルな短冊がゆらゆらと揺れています。パステルカラーが揺らめく世界。この感じ好きだなぁと思って撮りました。

招き猫の風鈴。ここのブースは動物が多くてかわいらしいブースでした。




ビーチボールの様な風鈴。

この植物はスノードロップですかね?

今の時期にぴったりな風鈴。最近てるてる坊主を飾ってある家は見なくなりましたね。幼稚園とかで作らなくなったのかな?

本当に美味しそうな、なつみかん風鈴。短冊の紐の部分もみかんでかわいらしい!

ヨーヨーの風鈴。僕もヨーヨーをやると、この色を狙うことが多かったです。

一番好きなお花の桜がありました。夏でも桜を楽しみたい方は是非。

ひまわりの風鈴を発見。

夏っぽくて良い!花火の風鈴。

だるま風鈴は赤だけではなく、水色やピンクなど、色々な種類があります。全種類持っている人見てみたいです。

風鈴の中でも珍しい苔風鈴。霧吹きでシュッと吹きかけると水々しくなるので綺麗。縁側に飾ってあったらオシャレですよね!

短冊のひまわり。良い感じの風と僕の頭のイメージがシンクロした瞬間でした。

動きものの写真なので、この瞬間は1度だけです。こういう世界が見れると来て良かったなぁと思います。

こんな感じでザッとですが、風鈴市を紹介してみました。

風鈴市は例年7月の3周目辺りに開催しています。

2019年は7月17日(水)〜21日(日)。

土日はすごい混むので、行くなら平日がお勧めです。購入したい方や小さい子もいるので、写真を撮る人は周りに注意しましょう。

また、風鈴は一つ2000円から3000円のものが多かったです。お土産屋にでも買っていくと喜ぶと思いますよ。僕も一つお土産に買って、風鈴の音色を楽しんでます。




関連記事