こんにちは。写真家の石井和宏です。

2020年の桜を見れなくて残念な思いをされた方多いのではないかと思います。
満開予定日の週末はコロナウイルスの影響で自粛要請が出たり、天気も曇りや雪という悪天候でした。
僕も行きたかった場所へ行けず大変残念な思いをした一人です。

そして連日、ネガティブなニュースや批判を目にしたり、色々疲れてきておりませんか?
自宅で過ごすことが多くなっていますが、そんな時は次の過ごし方がいいかもしれません。

◼️情報の断捨離
スマホの通知を切ったり、余計なものを見ない。

◼️好きな本や写真集を見る
自分と向き合ったり、ゆったりと過ごす。

◼️運動やヨガ、瞑想
ジムに行かなくても自宅でできるトレーニングをやる。

◼️睡眠
6時間以上は寝る。

◼️食事や料理
栄養バランスの良いものを作ったり食べる。

ざっと簡単に書くとこんな感じです。
詳しく書いたら、これだけで1記事になり、趣旨と合わないのでここではやめておきます。

正直、僕も今の状況でこの記事を書こうか悩みました。
一つ決めていたのは見頃な時にはそれが助長になる場合もあるので書かないということだけ決めていました。

ただ、“お花見できなくて残念だった方、青空と桜が見れなくて残念だった方、いつも見てくれる方” にできるのは僕の作品を届けること。

自粛前に撮ったので決して満開ではないですが、今年も桜は頑張って綺麗に咲いてくれました。都内の桜は好みではないので、人が少ない所、地方に行っています。
色々な想いがあるとおもうので、この先は見たい方だけ見て楽しんでもらえたら嬉しいです。




◼️オンラインお花見2020

下の音楽を聴いて楽しんでいってください。

仕事帰りに見つけた場所ですが、小川が流れるのどかな場所がありました。

ここで撮ってみようと思い、まずは一枚。
桜の後ろ姿を撮りました。
星の様なヒトデの様な形しておもしろいんですよ。

橋の上にモデルさんでも立ってもらえたら良い感じに写るだろうなと思いました。

今年は残念ながらポートレートは無しです。

枝が垂れている元に行き、のんびり座ってみました。

見上げると、雪でも降ってきそうなくらいな桜。

満開だともっとすごいんだろうな。

良い感じの老夫婦。お散歩ですかね!

足下を見ると、水墨画が描かれています。

桜を撮る時、上ばかり見てしまいますが、下にも面白い世界が広がっていることあるので、是非見つけてみてください。

背景がキラキラな場所があったので、カメラを向けるとすごくキラキラしてました。

だんだんと西陽が強くなり、桜もほんのりピンク色が強くなってきます。

小さな男の子がなぜか全速力でこっちに走ってきます。
誰もいないし、走りたくなったのかな。

見てて小さい頃の自分を思い出しました。




続いての場所へ。

空が好きな僕としては、空が広く感じる場所が好きです。

都内の桜にあまり感動しないのは、人やビルがぎゅうぎゅうな感じで狭いから。

のどかな感じが最高ですよね!

天気が良く、空へ続く階段を登ってみました

頂上には、一本だけ元気がない木がありましたが、他はほぼ見頃です。

撮るコツとしてはいっぱい咲いていそうな所を狙ってあげると、満開に見えやすくなります。

緑の芝生、青空、太陽の柔らかい光、そしてピンクの桜、最高ですね!

ここだけは今の状況とは無関係に時が止まっている感じがします。

柔らかい写真多いですが、こういう力強い写真を撮ることあります。

桜のトンネル。

色々な角度で撮ってみました。菜の花は見頃。

左の木が元気ないですね。

人が少ないせいか誰もいない時もあります。

ダイナミックな感じにしてみました。

上の5枚はちょっと普通だったので、ここから更に追い込みます。

こういうポツンとしている写真が好みで良く撮ります。空が広くて気持ちいい!

お花がたくさん咲いてある所を見つけたので、ここも好きです。

最後はこれですかね!

柔らかい春という感じに仕上げたお気に入りの一枚です。

菜の花も綺麗だったので撮りましたよ。

光が当たっている花を探します。




フワッとした世界を描きました。

こういう太い幹からも頑張って咲いています。何年かけて枝を伸ばすのだろう。

柔らかい色がそろった桜も発見!

夫婦桜。

桜を撮っていて楽しいのは、自分だけの桜を発見した時です。

密集している中から探すのは宝探しの様な感じ。

昭和感満載な笛を吹きながらお菓子やデザートを販売している方もいました。

空に向かって咲いている桜も好きですが、あまり人目につかず咲いている桜もすきです。

地面ギリギリから咲いていたので、応援したくなりますよね。

オンラインお花見はいかがでしたでしょうか。
コロナウイルスで大変な状況ですが、少しでも気が紛れたなら嬉しいです。

会社勤めの方、医療関係の方、教育関係の方、飲食関係の方、クリエイターの方等、皆んな大変な状況だと思います。

旅に行けたり、家族や友人と気兼ねなく過ごせたり、早くこの状況が良い方向に行く様に願うばかりです。

大変なこと辛いことに出くわした時、凹みたくなりますよね。

ただ、一番大事なのは “自分がそれにどう対応していくか” が大事だと思って生きてます。

僕も頑張ります!




 

関連記事

写真教室 日程表

  1. 今月のイベントはございません。

写真家 石井 和宏 LINE@

友だち追加