奥多摩ウォーキングトレイル





 

明けましておめでとうございます。写真家のかずです。2018年も宜しくお願い致します。

早くも2018年も一週間が過ぎてしまいましたね。皆様は年末ゆっくり過ごすことができましたか?僕は年末年始は山に行ってきました。まさか新年明けても登るとは…今年は山にご縁があるのでしょうか?今年もパステルカラーに自分色を追求していって色々と挑戦してみます。

さて、昨年の12月31日は奥多摩を歩いてきました。東京とは思えない大自然の中、自然と会話をしていく中で色々考えたりしました。年末に誰もいない自然の中を歩くと本当気持ちが良いですね。


最初の一枚目は青梅駅の待合室。

青梅駅で奥多摩行きの電車を待ちます。寒いので暖房が効いている中で待つことに。このレトロな感じが良いですよね!こういう場所でたくさんの旅人が出会ったんだろうなぁ。

 

今回鳩ノ巣駅から奥多摩駅までもともと歩くつもりでしたが、気が変わって一つ前の古里駅(こり)から歩いてみることに変更しました。歩く距離も5kmぐらいから約8kmに変更です。 

駅は木造で後ろには杉の木がたくさん。こののどかさが何とも言えません。取り敢えずここから、奥多摩ウォーキングトレイルの入り口まで歩きます。最初は公道をテクテク歩いていくとこの看板があります。

少し進むと釜の水があります。透き通っていて冷たくてここで一旦清めます。

みかんの木も発見

清身滝。まだこの歩いている段階では住宅街なのですが、家の近くに滝があるっていいですよね!

駅からのんびり写真を撮りながらだったので、入り口に辿り着くまでに30分くらい掛かっていたかもしれません。

スタートです!

階段を下りたらそこは大自然。

歩いて15分くらいでしたが、時計を見ると既にお昼だったので、ここでお弁当を食べます。

滝が流れる場所でランチなんて中々普段できません。

ランチを食べたら、ゴールを目指して歩きます。

立派な根。

古里駅から鳩ノ巣駅まで少し山を登りますが、そこの頂上です。

山を下ると大きな橋があり、渓谷が見えます。ここの渓谷は新緑の時期や紅葉の時期にはもっと鮮やかに見えますよ!

岩の間には水が溜まっていて、凍っています。

川の側は岩の道ですが、落ちない様に気をつけて進みます。

ここでおやつの時間。

白丸ダム。エメラルドグリーンが綺麗。

カヌーもやっているみたいですよ。いつか四万十川を上流から下流までやってみたい。

耳をすますと水の音が。地面から湧き出てました。この水が川まで流れているんですね!

天気も曇り予報でしたが、最後の最後に段々と良くなってきました。

奇跡的に太陽が一瞬でました。こういうことがあるから自然写真は楽しい。

光が出てくると、エメラルドグリーンも柔らかい色になります。

ゴールまであと少し。

森の苔も綺麗です。

この光の道を通過すると、森の道は終わります。駅まであと少し。

ゴールの奥多摩駅。

東京の一番端の駅。東京駅にもこういうのありますよね!

 

如何でしたでしょうか。今回は頂いたCanon EOS M6で撮影しました。軽くて使いやすいです。荷物を少なくしたい時など、軽いカメラは助かります。これだけ歩いても全然疲れず、年末の誰もいない中、かなりリフレッシュできました。これで2018年も頑張れそうですし、新たな目標もできました。その為に一歩一歩。

皆様も素敵な道なので是非歩きに行ってみて下さいね。また年末にこの企画行うと思います。

 

撮影のご依頼も随時受け付けておりますので、ご希望の方は遠慮なくお問い合わせ下さい。



関連記事

  1. 36年のドラマに幕〜喫茶Sugar〜

  2. そらいろ 8

  3. 2017年ラストイベント

  4. そらいろ 7

  5. そらいろ 5

  6. そらいろ 12

  7. 写ルンですを使ってみました。

  8. Y Walk フォトブックコンテスト受賞

更新・お知らせ




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。